株式会社フィネス finesse|シャトー ライヤ

Home » 生産者紹介 » コート デュ ローヌ地方 » シャトー ライヤ
シャトー ライヤ
CHATEAU RAYAS

現当主であるエマニュエル レイノ氏は現在3つのシャトーを運営しています。1880年にエマニュエル氏の曾祖父が葡萄栽培を始めたところからスタートしたこのシャトーは、1920年には瓶詰を始めてシャトーのワインとして売り出すようになりました。その後、レイノ家はシャトー デ トゥール 、シャトー ド フォンサレットを購入してワイン造りの幅を広げ、現在では合計約60haの葡萄畑を所有しています。シャトー デ トゥールはエマニュエル氏の父から、シャトー ライヤとシャトー ド フォンサレットは叔父のジャック レイノ氏から引き継いで運営しています。 シャトー ライヤはシャトーヌフ デュ パプの町から車で10分ほどの所にあり、農道を奥深くまで進んだ所に醸造所が建てられています。醸造所内は薄暗く、2階への木製の階段は崩れかけており、何十年も使い続けている樽が並んでいます。約10haの葡萄畑は人里離れた森の中に位置し、御当地名物の大きな円礫が見当たらない痩せた砂地で育つ葡萄からはとても繊細な味わいのワインが出来上がります。白葡萄はグルナッシュ ブラン種とカリニャン種、赤葡萄はグルナッシュ種が植えられています。 シャトー ド フォンサレットはオランジュの町の北のラグランド パレオル村にあり、約10haの畑に植えられている葡萄品種は白はグルナッシュ ブラン種、クレーレット種、マルサンヌ種、赤はグルナッシュ種、サンソー種、シラー種でワイン造りはシャトー ライヤの醸造所で行われます。

株式会社フィネス finesse|シャトー ライヤ 株式会社フィネス finesse|シャトー ライヤ 株式会社フィネス finesse|シャトー ライヤ
Wine List
シャトーヌフ デュ パプ ブラン  [シャトー ライヤ]
CHATEAUNEUF-DU-PAPE BLANC  [CHATEAU RAYAS] 白
シャトーヌフ デュ パプ ルージュ  [シャトー ライヤ]
CHATEAUNEUF-DU-PAPE ROUGE  [CHATEAU RAYAS] 赤
シャトーヌフ デュ パプ ルージュ  [ピニャン]
CHATEAUNEUF-DU-PAPE ROUGE  [PIGNAN] 赤
コート デュ ローヌ <シラー >  [シャトー ド フォンサレット]
COTES DU RHONE <SYRAH>  [CHATEAU DE FONSALETTE] 赤
コート デュ ローヌ ブラン  [シャトー ド フォンサレット]
COTES DU RHONE BLANC  [CHATEAU DE FONSALETTE] 白
コート デュ ローヌ ルージュ  [シャトー ド フォンサレット]
COTES DU RHONE ROUGE  [CHATEAU DE FONSALETTE] 赤
コート デュ ローヌ ルージュ, ラ ピアラード  [シャトー ド フォンサレット]
CÔTES DU RHÔNE ROUGE, LA PIALADE  [CHATEAU DE FONSALETTE] 赤