株式会社フィネス finesse|グラス パート2

Home » フィネスジャーナル » 美味しさ新発見 » グラス パート2

グラス パート2

1.アーモンドやレモンの上部を切り落としたような形で容量250〜300ccの小さめのボルドータイプ(A)。リンゴのような丸みを帯びた350〜500ccの小さめのブルゴーニュタイプ(B)。(A)はボージョレ等のガメ種をはじめ、軽やかなタイプの赤ワイン。または、シンプルでピュアな果実味のブルゴーニュ産白ワインやボルドー産ミディアムボディの白ワイン、多くの南仏産白ワインに向き、素直で明朗な香味を維持してくれます。(テラスドギレム白赤・マコンシャルネー 他)。(B)は10℃前後に冷やして清涼感が引き立つタイプの白ワインやブルゴーニュ産ピノノワール(適温は15〜19℃)を品良くまとめてくれます。(シャトーレストリーユ白・サンセールレシャルム・サヴィニーレボーヌ 他)。

2.次に(A)または(B)の1.5倍ほどある容量の(A')と(B')。(A')はボルドー産の高貴な白赤。力強さに加えエレガントさを備えた南仏産の白赤。また、確かな酒質と複雑味のブルゴーニュ産シャルドネに向きます。(エルミタージュ白赤・シャサーニュモンラッシェ白 他)。(B')はグランクリュ、またはこれに準じるピノノワールの妖艶な香気を堪能できます。(クロードデュガ/ジュヴレシャンベルタン・ヴォルネクロデデュック 他)。

注!(A')や(B')の容量を越える極端に大きなグラスは、演出効果はあってもワインの味わいにとってあまり良い効果はありません。つい大きめのグラスを選びがちですが、ワイングラスの場合「大は小を兼ねません」。グラスを購入する場合は、日常どのようなタイプのワインを多く飲むかを考えましょう。
※「ボルドー」や「ブルゴーニュ」と言ったグラスの商品名は実際の性能とはあまり関係ありません。 


戻る