株式会社フィネス finesse|マルチ鉄板焼き

Home » フィネスジャーナル » 美味しさ新発見 » マルチ鉄板焼き

マルチ鉄板焼き

 ワインとの相性を考えながら献立を作るのはとても楽しいものですが、買い物に行けなかったりアイディアが浮かばないこともあります。そんな時に便利な「マルチ鉄板焼き」をご紹介します。文字通り鉄板(または電気プレート)で焼くだけですが、ほんのひと工夫必要です。具材は玉葱、人参、ジャガイモ、蓮根、アスパラ、インゲン豆、シメジ、椎茸、キャベツ、白菜など野菜の数々。白身魚、サーモン、牡蠣、タコ、ホタテ、冷凍シーフードミックスなどの魚介類。鶏肉(部位はどこでもOK)があったら◎です。…と、冷蔵庫にあるもので間に合います。 

 鉄板の一番火力の弱い所にアルミホイルで作ったお皿を置きます。このアルミ皿に次のABCの何れかを入れてプクプク状態に加熱します。(Aバターのみ/B バター+ニンニクスライス/Cオリーヴオイル+ニンニクスライス)
適当な大きさに切った具材を鉄板で8部程度まで焼き、塩少々(お好みでコショウやスパ イス)してからアルミ皿に移して火が通ったら出来上がりです。AとCの場合は魚介類と鶏肉の焼き上がりにレモンを絞ります。
BとCのニンニクスライスは焦げる前のカリカリ状態で引き上げて、焼いた具やパンと一緒に美味しくいただき、アルミ皿にはまた新たにニンニクを入れましょう。バターやオリーヴオイルが少な過ぎたりアルミ皿が大き過ぎるとアルミが焦げてしまいますので気をつけてください。

 さて、マリアージュです。Aはムスカデ、サンセールなどのロワール地方産の白ワイン。Bはブルゴーニュ地方産のシャルドネ、アリゴテ。Cはロルチュ、テラ スドギレム等の南仏産の白ワインが面白いほど良く合います。レモンの代わりに黒コショウを使うとABCの何れにも軽いタンニンの赤ワインが美味しくなりま す。

ドンジョン

 

  パターンBとブルゴーニュ アリゴテ
      /マルキ ダンジルヴィル

 

 

  

マルキ

 

  パターンCとベルジュリー ド ロルチュ(白)


戻る