株式会社フィネス finesse|2015年9月フランス生産者訪問(9月8日)

Home » フィネスジャーナル » フィネス便り » 2015年9月フランス生産者訪問(9月8日)

2015年9月フランス生産者訪問(9月8日)

 

2015年9月8日 ローヌ地方を訪問

 

Domaine Jean Louis Chave <ドメーヌ ジャン ルイ シャヴ>

 

ドメーヌ物のサン ジョゼフのクロ フロランタンの区画。元々は奥に見える丘と斜面でつながっていた

 

ドメーヌ物のサン ジョゼフのクロ フロランタンの区画。樹齢約100年のシラー

 

ドメーヌ物のサン ジョゼフのクロ フロランタンの区画。充分熟しているが良い天気が続くので、もう少し成熟させてから収穫する

 

シラーはピノ ノワールより房が大きい。甘味はピノ ノワールの方が強く感じるがシラーは果肉の歯ごたえがある

 

ドメーヌ物のサン ジョゼフのクロ フロランタンの区画の奥にはセレクションのサン ジョゼフ シルカの畑がある

 

ドメーヌ物のエルミタージュ白のロクール区画。丸石が非常に多い

 

マルサンヌとルーサンヌが混ざって植えられている。こちらはマルサンヌ

 

こちらはルーサンヌ。素人では全く見分けがつかない。食べてみるとマルサンヌは果肉が柔らかくジューシー、ルーサンヌは果肉が固く歯ごたえがある

 

A4サイズに匹敵するほど房が大きい。おそらくマルサンヌ

 

ドメーヌ赤用新カーヴ。今年から使われる予定

 

セレクションのエルミタージュ ファルコネ&サン ジョゼフ オフル用のタンク。ステンレスタンクは機械で、手前の大樽は足でピジャージュ(櫂入れ)をする

 


 

セレクションのコート デュ ローヌ モン クール用熟成樽

 

昼食の前菜ベーコン入りサラダ

 

メインの鶏オーブン焼き&ラタトゥイユ、ワインはエルミタージュ1996年。酸味がしっかりきいていてハツラツとしているのが1996年の特徴

 

 

 

 


戻る