株式会社フィネス finesse|2015年9月フランス生産者訪問(9月9日)

Home » フィネスジャーナル » フィネス便り » 2015年9月フランス生産者訪問(9月9日)

2015年9月フランス生産者訪問(9月9日)

 

2015年9月9日 ブルゴーニュ地方のヴァンダンジュの様子

 

Domaine Lucien Boillot & Fils <ドメーヌ ルシアン ボワイヨ エ フィス>

 

ジュヴレ シャンベルタン レ ゼヴォセルの収穫の様子

 

小粒でとても凝縮したピノ ノワール

 

収穫されたピノ ノワール。糖度も高くクオリティは非常に高いがジュースの量が少ないので収穫量は多くはならない

 

 

Domaine Françoise Jeanniard <ドメーヌ フランソワーズ ジャニアール>

 

収穫の様子

 

収穫されたシャルドネ。ピノ ノワールよりも粒が大きくジュースも多い

 

隣接する別の生産者の機械摘み収穫の後。梗がそのまま枝に残っている

 

アルコール醗酵初期段階のペルナン ヴェルジュレス赤

 

収穫中の食事の前菜の生ハムメロン

 

メインの鶏のバジルトマトソース煮込み

 

 

Domaine Trapet <ドメーヌ トラペ>>

 

果皮浸漬中のジュヴレ シャンベルタン ヴィラージュ。今年は梗も良く成熟しているので除梗はあまりしない

 

 

Domaine Georges Roumier <ドメーヌ ジョルジュ ルミエ>

 

ボンヌ マールの収穫の様子

 

房、粒ともに小さいがとても凝縮している

 

ボンヌマールの畑の上部から。奥のほうにモレ サン ドニ1級 クロ ド ラ ビュシエールの囲いが見える

 

 

Domaine Meo-Camuzet <ドメーヌ メオ カミュゼ>

 

ヴォーヌ ロマネ1級 オー ブリュレの選別の様子。葡萄を食べて状態をチェックする当主のジャン ニコラ メオ氏

 

ニュイ サン ジョルジュ1級 オー ミュルジェの収穫の様子

 

非常に乾燥しているので少し干し葡萄のようになった粒も見られる

 

ニュイ サン ジョルジュ1級 オー ミュルジェの選別の様子。稀にシャルドネが混ざる

 

昼食の鶏の粒マスタードソース煮込み

 

 


戻る