株式会社フィネス finesse|2016年5月フランス生産者訪問(ラングドック-ローヌ)

Home » フィネスジャーナル » フィネス便り » 2016年5月フランス生産者訪問(ラングドック-ローヌ)

2016年5月フランス生産者訪問(ラングドック-ローヌ)

 

今年も春の生産者訪問に行って参りました。

昨年もほぼ同じ時期にフランスを訪問しましたが、とても暖かい気候で葡萄の成長も早く、開花まであと10日ほど・・・といった状況でした。

しかし今年のフランスは同じ時期とは思えないほど気温が低く天気が悪い日が続きました。まるで2月のような気温で地下セラーのほうが暖かいのではと思ってしまうほどの日もありました。

約2週間滞在してすっきり晴れた日は僅か2日ほど。

当然葡萄の成長も遅く、ようやく将来実を付ける小さい房が見え隠れする程度でした。

また、ブルゴーニュ地方やロワール地方では大きな霜害が出ており、マコン地方では雹が降るなど、2015年とは打って変わって暗雲立ち込めるヴィンテージとなっております。

今後、天候が回復して奇跡の2016年となることを願うばかりです。

 

Moulin de Gassac <ムーラン ド ガサック>

多くのお客様にご愛飲頂いているテラス ド ギレムシリーズの生産者ムーラン ド ガサック。

この日は時間を割いて色々な畑を訪問する予定でしたが、嵐のような雨風に晒されて畑訪問どころではない状態でした。

今回の訪問で試飲したのは次回入荷予定の2015年ヴィンテージ。

2015年のラングドック地方は春から初夏にかけての天気は素晴らしかったのですが、8月が冷涼で雨も降ってしまったので品種にもよりますが葡萄の成熟を9月まで待つ必要がありました。

シャルドネ等各種白シリーズについては果実味が前面に出ており、フレッシュな酸味もしっかりあるのでとてもバランスの良い味わいに仕上がっています。

 

ピクプール ド ピネ用のピクプール種の畑

ピクプール ド ピネ用のピクプール種の畑

 

ピノ ノワール等各種赤シリーズについてもエネルギッシュで豊かな果実味はありますが同時にとてもタニックなのでバランスが良くなるまでに少し時間を要するようです。

 

テラス ド ギレム赤用のシラー種の畑

テラス ド ギレム赤用のシラー種の畑

 

また、ご存知の方も多いかと思いますが、創始者であるエメ ギベール氏が5月14日深夜に91歳でお亡くなりになりました。

大量生産の安ワインのイメージしかなかったラングドックのワイン。

彼はマス ド ドーマス ガサックを造り、フランスのワインジャーナリストが新聞紙上でシャトー ラフィットやシャトー ラトゥールと比較対照したことで有名にしたのです。

長い間お疲れさまでした。心よりお悔やみ申し上げます。

 

故エメ ギベール氏

故エメ ギベール氏

 

 

 Domaine de l`Hortus <ドメーヌ ド ロルチェ>

地中海沿岸の町モンペリエから車で1時間ほど、2つの丘の谷間に醸造所を構えるドメーヌ ド ロルチュ。

主に醸造を担当しているマルタン氏に案内して頂きました。

 

マルタン氏と南向きのムールヴェードル種の畑

マルタン氏に案内していただきロルチュ岩の麓に植えられている南向きのムールヴェードル種の畑へ

 

丘の麓にあるソーヴィニヨン ブラン種の畑

丘の麓にあるソーヴィニヨン ブラン種の畑

 

赤は2014年、白は2015年を中心に試飲。

2014年は春が暑くて葡萄の成長が早熟だった年で果実味豊かで2009年ほどではありませんが力強さと凝縮感のある味わい。

2015年は夏まではとても乾燥した気候が続きましたが収穫前後に雨が降り、白品種と赤品種で収穫時期がずれました。

南国系よりも柑橘系果実に近いフレッシュなアロマ、リッチでオイリーなニュアンスもありますが瑞々しい酸味も豊かでとてもバランスが良い状態になっています。

 

 

 Domaine des Amouriers <ドメーヌ デ ザムリエ>

ミストラルという北風が吹く荒野で古木のグルナッシュとシラーから力強いヴァケラスを造るドメーヌ デ ザムリエ。

 

ヴァケラス ジュネスト用のシラー種

ヴァケラス ジュネスト用のシラー種

 

こちらでは次回入荷予定の2014年ヴィンテージを中心に試飲。

2014年の気候は全体的に良好で葡萄の成長も早熟、収穫前に雨が降って少し降ったくらいで腐敗なども全くなく収穫量も多かった年だったとのこと。

毎年出来立てのヴァケラスはとてもタニックで瓶詰直後の試飲は厳しい印象があるのですが、2014年は色調も淡くチャーミングな果実味。

もちろんタニックではあるのですが荒々しさがあまり感じられずなめらかで飲みやすく仕上がっています。

 

ヴァケラス ブラン用のヴィオニエ種の畑

ヴァケラス ブラン用のヴィオニエ種の畑

 

2014年ヴィンテージからすべてのアイテムにビオロジックの認可が下りています。

 

ビオロジックの認可

ABマーク(中央):フランス基準のオーガニック認証

葉っぱのマーク(中央右):欧州基準のオーガニック認証

 

 

Le Vieux Donjon <ル ヴュー ドンジョン>

シャトーヌフ デュ パプ特有の赤く酸化した石が地表を埋め尽くす畑をメインに凝縮感のあるワインを造るル ヴュー ドンジョン。

 

 赤く酸化した石に覆われた畑のグルナッシュ種

 赤く酸化した石に覆われた畑のグルナッシュ種

 

 

 グルナッシュ種の畑で石を持つクレール ミッシェル女史

赤く酸化した石に覆われたグルナッシュ種の畑で大きな石を持つクレール ミッシェル女史

 

こちらでは赤は2014年、白は2015年を中心に試飲。

2014年の天候は春が暑くて早熟傾向、さらに夏に雨が降って葡萄の房が多くなり、成熟に影響が出そうだったので摘房をかなり行いました。

早熟な年は糖度が上がりやすいのですが夏の雨のおかげで糖度の上昇が抑えられバランスの良い葡萄が収穫できたのことです。

 

赤く酸化した石に覆われた畑のムールヴェードル種

 赤く酸化した石に覆われた畑のムールヴェードル種

 

例年よりもエレガントで果実味、酸、タンニンのバランスが良くアルコール感も控えめでチャーミングな味わいになっています。

2015年はとても暑く乾燥していたので葡萄が熟しすぎないように例年より早めに収穫。リッチでオイリーな果実味と凝縮した旨味のあるパワフルな味わいになっています。

 

シャトー ライヤの畑の裏に位置する砂質土壌区画の樹齢100年のグルナッシュ種

シャトー ライヤの畑の裏に位置する砂質土壌区画の樹齢100年のグルナッシュ種

 

 

Château Rayas <シャトー ライヤ>

上記のル ヴュー ドンジョンとは違い、シャトーヌフ デュ パプ特有の赤く酸化した石はほとんどなくサラサラの砂質土壌の畑をメインに繊細かつ染み込むような旨味のあるワインを造るシャトー ライヤ。

 

エマニュエル レイノ氏

エマニュエル レイノ氏

 

エマニュエル レイノ氏からシャトーライヤの特徴とは何かという質問がありました。

答えは ・・・

1.グルナッシュ種100%

2.畑が砂地である

3.畑が北向きである

4.畑が畑より広い森林に囲まれていて夏場の涼しさを保っている

 

気に囲まれたグルナッシュ種の畑

シャトーライヤの特徴でもある森林に囲まれたグルナッシュ種の畑

 

今回は醸造中の2015年ヴィンテージをタンク及び樽から試飲。

 

 70年以上使い込まれた古樽が並ぶ醸造所

70年以上使い込まれた古樽が並ぶ醸造所

 

2015年は天候も素晴らしくフルーティさが前面に出ている年で今すぐにでも飲めるような味わい。

白はリッチでパワフル、とても余韻が長く高いポテンシャルを感じさせます。赤はオイリーで肉厚な旨味、スパイシーでとても凝縮感がありストラクチャーがしっかりしている印象です。

 

 

Domaine Jean-Louis Chave <ドメーヌ ジャン ルイ シャヴ>

北ローヌで類まれなるエルミタージュを造るジャン ルイ シャヴ。

 

 エルミタージュ用の新しいステンレスタンク

エルミタージュ用の新しいステンレスタンク

 

こちらでは2012~2014年ヴィンテージのワインを中心に試飲。

2012年は春に雨が多く湿度が高かったのですが夏の天候は素晴らしく乾燥して凝縮した葡萄が収穫できた年。

白はオイリーで豊かなミネラルがありバランスも良くすぐにでも楽しめる味わいですが、赤は凝縮感があってストラクチャーもしっかりしているので少し熟成に時間を要する印象。

 

ジャンルイシャブ氏とセレクションを試飲

ジャン ルイ シャブ氏とシャブ セレクションを試飲

 

2013年は春がとても寒かった影響から花ぶるいが起こり、特にグルナッシュで大きな被害が出てしまった年。

幸いにも夏の天候は回復しましたが、春の寒さで開花が遅れてしまったために収穫は10月中旬と近年稀に見る遅さとなりました。

収穫量は少ないですが葡萄はとても凝縮したのでパワフルで旨味がぎっしり詰まった味わいになっており、深みがありますがタニックなのでバランスが取れるまでに少し時間が必要なヴィンテージになっています。

2014年は春先の天気は良かったのですが、夏に雨が多く冷涼だったので葡萄の糖度もそれほど上がらず例年よりもアルコール度数は低め。

瑞々しい酸味と柔らか果実味、チャーミングな味わいでとても飲みやすいヴィンテージになっています。

 

非常に暗い醸造所

非常に暗い醸造所

 

コート デュ ローヌ モン クール用の大樽

コート デュ ローヌ モン クール用の大樽

 


戻る